友達から誕生日に風俗へ連れて行ってもらった時の体験談をお話します。風俗をおごってもらう事なんて今までなかったので、楽しく遊ぶことができました。いい友だちをもったなと思いました。

誕生日に風俗

箱ヘルからデリヘルに移った

どちらかというとファッションヘルス派なんだよ。歓楽街の雑踏となんていうのかそんなカオスパワーが大好きだからね。だから出張したらもっぱら箱ヘルにいって年に一回くらいはソープランドに行けたら幸運というような感じだったんだよ。普通のというかしがないサラリーマンだから、月に1回風俗に行けたらいいかなっていうペースだよね、これでもきついけど。でもいつの頃からかなデリヘルがすごい人気になって出張のときに呼んでみたらこれがすごく便利でそれからは病みつきになったよ。というか飲み会で陥落街に行くくらいで十分かなって、それとデリヘルのほうが普通の女っぽくてすごくいいんだよ。それはやっぱり私服で来てくれるのが大きいからかな。ヘルスはいきなり裸エプロンだから情緒ってもんがないよ。それがいいってときもあるんだけど、まぁ服を脱がすところからスタートするのがいいのかな。とはいっても女の服に触れるのはだめなんだよ、女の私物だからね。


やっぱり箱ヘルよりもデリヘル

出張でいつも気になるのはホテルのリザーブだね。それも出張の際の仕事にもよるんだけど早く終わりそうなときや、トラブル対応で遅くなりそうなとき、さらには得意先回りもある、など様々な状況で最善の策を考えなければいけないのだよ。普通に出張するだけなら何も気にしないでリザーブできるホテルを用意したらいいんだけど、出張イコール風俗って考えだからさ、面倒でもありそこが楽しみな部分なんだよ。これって変は変だよね。まあそうは言っても仕事が一番だから、デリヘルも利用できないときもあるよ。でもこれも仕方ないかな、そのために仕事しているようなものだし、今はデリヘル一筋だ。一度利用したら便利なのですぐにめっちゃ虜になったね。歓楽街に近いホテルだったら箱ヘルに飛び込んで30分後には発射して店を退出って早業もできるんだけど、それって性欲のはけ口だからオナニーと何にも変わらなくても諭吉1枚以上も払わなくちゃいけないから、やっぱり高いんだよ。


都会を経験したら離れられない。

いつも利用している新宿デリヘルにTELしてもデリバリーできる女がいないってことはよくあるんだよ。こっちも前もってリザーブしてたらいいんだけど、いつも出張で利用する店だからね。こっちも仕事がいつ終わるかわからないから結局TELするのも利用したい時間直前になってしまうんだ。TELも日付が変わる前だったら店のほうも嫌がるからね。って24時間営業って店も最近増えてきたからいつTELしてもいいはずなんだけど、せっかく来てくれても女が疲れてたらこっちも興ざめしてちんぽも勃起しないよ。俺で6人目とかいわれるとさすがにちんぽも萎えるわ。かといって夕方からすぐに利用するのも難しいからね。地元のデリヘルって利用する気にならないんだよ。なんでって言われたら女の質がめちゃくちゃ違うからね。都会はなんでこんな女が風俗?っていう綺麗な女がたくさんいるんだよ。上玉というか綺麗な女に会えるのが都会の風俗のすごさかなって思う。地元はまぁ、それなりっていうところだろうか。
新宿 デリヘル